LubuntuでDropboxのタスクバーにインジケーターアイコンがないのを解決した件

こんにちは。

 

ちょっとした事情でDropboxを導入することになったので!

Dropboxのwebページよりアカウント登録しました、その後PCへインストールを促されます。

 

ブラウザー版でも使用していけますが、より便利に使おうと思うとインストールした方が何かと便利になります。

で、私もWebページよりダウンロード—>インストールまで出来たのですが、Windows版では見られるタスクバーのインジケーターアイコン表示が見当たりません。

そういう仕様なのかな?と思っていましたが、何かと使い勝手が悪くてWeb検索しつつ何かの異常で表示されないことが分かり、修正をすることとしました。

 

ターミナルを開き

dropbox stop && dbus-launch dropbox start

dropboxコマンドを上のように入力して実行します。

無事に表示されました。これがないと細かな設定ができません。

 

 

 
アクセスランキングURL

Mac Bootcamp でのLinuxインストール

表題のコトを錯誤していました。

bootcampにてWindows用の領域をパーティション分けしてそこにUbuntuをインストールするという流れで行いました。

(この時点ではまだRecoveryHDがあります)

実際は、、、

再起動でUbuntuのbootマネージャーが起動してMac起動しようと選択したら起動途中で止まってしまい強制off再起動したら、MacのbootマネージャーからはUbuntuの選択肢が出てこない!

Bootcampではextのformatを認識しないのかと。Macの電源投入で永久にUbuntuが起動しない。

システム>起動ドライブとしてもUbuntuは表示されない。

っと!あれ?

Recovery HDの選択肢もなくなってしまいました!!

Ubuntuのインストールでformatされてしまった様です。定かではないですが。

取り敢えず、SSDへ換装まえのHDDから再復元して設定を戻している最中です。

ネット上では、MacにWindowsを入れてそこにUbuntuを導入しトリプルブートとしているのを多く見ますがパーティションのformatの違いの為ですかね。

あとは、最初のブートローダを別をインストールしているものなど。

ここまでやりたくないので、USBメモリ起動のUbuntuで良くないかなと思っているのですがいかがでしょうか?

2017/5/15 追記

、、、っとこの記事の次週に試したところ、MacのBoot LOADER がLinuxのUSBメモリを認識しません。

よってこの方法も無理ですね。

boot ローダの差し替えとかの方法が有りそうですが、普通にOS Xが立ち上がらなくなりそうで、、、まぁバックアップとってやって見ます。のちのちに(笑)

Macは、置いといてVirtualBoxのLinuxでフォルダ共有を完了した件

こんにちは!

—-VirtualBox環境—-

ホストOS:Windows7

ゲストOS:ubuntu14.01

ゲストOS:Lubuntu16.0

ゲストOS:WindowsXP  ( 共有フォルダ共有済み)

 

VirtualBoxで、ホストOSとゲストOS間のフォルダの共有が出来ていないまま使用していて不便を感じておりました。

まとまった時間が出来て調べつつ対応させましたので文章にしていきます。

VirtualBox内のゲストOSでWindowsXPでは、何もしないままで共有が出来ていたので、同様に出来るものと考えて試行錯誤していました。

ちっとも出来ないので仕方が無く検索してみると、、、ちょっと面倒なことをしないとダメでした。

VirtualBoxの設定で共有フォルダを設定した後

ゲストOS側でもお約束のマウントをやらないとダメでした。

sudo mount -t vboxsf     “ホストディレクトリ”  “ゲストOSのマウントするディレクトリ”

の書式です。

ゲストのフォルダのパーミッションを777で。

mount -t vboxsf コマンドで、ホスト OS 側ディレクトリ と ゲスト OS 側ディレクトリを互いにマウントする

これでようやくファイルの移行などデータのやり取りが出来て使用環境が整いました。

フォルダ共有が出来なくてファイルのやり取りをネットワーク上のファイルサーバで行ったりしていました。

 

ナンだ?かんだ!?でMacBookです

えー、諸事情によりMacBook の古いものを入手し多少手を加えて使用するつもりになっています。

いきさつとしては、予定外の収入があり以前よりMacOSに触れてみたいと思っていたものでこれを機に思い切って(?)オークションで落札をいたしました。

Macbook  MB402J/A   2008 Late

Core2Duo 2.1GHz 2GB 160GB Lion10.7.2これを

4GB SSD64GBに変更して起動を早くして Lion10.7.5としました。

馴れていませんのでいろいろと難しくてどこをどう触ったらいいのかわからずに難航しましたが、Google検索で一つずつ解決し出来上がりました。

iPhone6Sを使用しているのでなんとなくわかるかなと思っていましたが、別物ですね。しかし、OSの復元機能はすごいですよ。HDD->SSDへ復元機能で同じものが出来てしまうのですから!!

しかし、起動ドライブの複製はさすがに。。。で修復で立ち上げるためにoptionキーを押しながら起動し、Recobaryを選択して立ち上げ

ディスクユーティリティで復元元—>復元先 となるように設定して、わたしの場合は約14分で復元終了。これを内蔵HDDと取り換えて”祈る気持ち”で再起動!

起動できれば完了です。

 

そんなゴタゴタのお蔭か、多少わかるようになってきましたがまだまだ、Mac初心者です。

ターミナルが標準で入っているのでLinuxサーバーへSSHで接続できるなんてすばらしいですね。驚きましたよ!

 

BootCampを使用してLinuxをいれてデュアルBootにしようかと考え中です。

では、また!

 


人気ブログランキングへ

LinuxサーバーにDNSを構築 ~wifi環境でのwordpressの更新~

今までは、ドメインの関係上、スマホのLTE接続で更新するかまたは。PCにスマホをつなげてスマホからの通信で更新を行ってきました。

スマホからだと画面が小さい、編集能力不足、情報のコピー&ペーストができない場合もあるなどのデメリットがあり方法を模索しておりました。

自宅内のサーバーにDNSサーバーを構築して

DDNSと同じドメインを採用することでwordpress内部の表示など名前解決できると考えての案です。

サーバー側↓

sudo apt-get install dnsmasq

/etc/hostファイルに

自サーバーのIP localhost

自サーバーのIP 自サーバーの名前

192.168.xx.xxx ドメイン.jp  ←この部分を追加します。

 

実際のところ、各クライアントからのDNS設定を変更するなどありますが、うまくいって満足しています。

今まで、苦労していたのはなんだったんだと思うくらい快適に執筆できます。

おすすめですよ!!

VirtualBoxのWindowsXp、HDD容量不足を対策&修正した件

VirtualBoxの仮想HDD(ファイル~.vdi)ですが、初期設定で10GBとして設定して運用しておりましたがよく見ると最近右下のメッセージに容量不足ーと言われてます。

ネットで検索して、HDDを増量しました。

ホストos:Windows7

ゲストos:WindowsXP

C:\Program Files\Oracle\VirtualBox\vboxmanage.exe modifyd –resize 16384 “win xp.vdi”

(16GB=16384MB)

〔くわしいHDD容量を増量するやり方はネット他の方のブログを参照していただければ、、、。〕

しかし、Windows XPではパーティションの量を増やせません。
ネットでは、ゲストOSがLinux系のためそちらで操作出来るので、その解説ばかりです。

今回、KNOPPIXをCD起動してゲストOSのHDDを操作することにしました。何年かまえに作ったCDで起動して、rootのパスワードを端末より設定して管理者としての操作が必要です。

写真のアプリケーションGpartedを使います。

 

増やす操作をして確定、シャットダウン。
CDを取り出して再起動!
プロパティ確認!

Cドライブの空き容量増えてます!!

ディスクトップPCのWindows7が起動不可能!? 何も画面にでない!

先ほど、ようやく解決しました。表題の件ですが、PC稼働中に突然画面が乱れて縞模様になり前日に交換したCPUが飛んだのかと、軽くパニックになりつつ電源ボタンで強制終了してしまいました。

※画像はイメージです。実際は焦って撮影出来ませんでした(;゚Д゚)!

 

その後に起動しようとスタートボタンをおしても何も画面に映らず、 No-signal とだけ表示がでてます。グラフィックボードのVGA端子からマザーボードの内蔵VGA端子に接続をかえても症状は変わらず。

原因の特定が出来ないのでネット検索すると似たようなケースでの情報が載ってました。

そちらでは、グラフィックボードが原因の様です。試しに外してから起動するとBIOS表示されました。

やはり、私もグラフィックボードが原因の様です。

さらにそのネット情報では、グラフィックボードをオーブンで熱してはんだ割れを修理することが書かれてましたので、同様にやってみました。(かなりダメもと)

 

①グラフィックチップにフラックスを塗布する。

②グラフィックチップ以外に熱が通らない様にアルミホイルを巻きつけて、

③予熱ありの200℃の設定、予熱終了後の200℃からオーブンに入れて4分間加熱。

④ゆっくりと冷まします。一度扉を開けて少し温度を下げ暫く放置。その後、扉を開放して暫く放置、手に持って温度を感じられ無いくらいになったら完了です。

パソコン本体に取付て、再起動!

ジャーン!画面が、画面が、出ました!!

本当に加熱で直るんですねー!

Minecraft piインストール 不具合

マイクラのインストールにて

(某雑誌社のLITE版Debianの為マイクラ入ってない)

sudo apt-get install minecraft-pi

にてインストールその後起動ですが、、

何かダメだと、吐かれてまして。いろいろとくぐって、共通ライブラリをインストールしなくてはいけないみたいです。

RaspberryPiZeroのsshがつながらない件

問題の切り分けとして

まず、別のSDカードにて新たにRasbianを作って検証してみました。

そちらのSDでもsshでつながらない。

その特徴として

RaspberryPi3の有線Lanからは、接続可能。

他の無線Lan端末からは、接続不可能。

no route とかのメッセージがでます。

iPhoneからも不可能です。

 

その後にたまたま、iPhoneから接続出来た事もあり、原因が特定できないまま手探り状態で、いじくってました。

 

RaspberryPi3でも無線では、つながらないと言う事をつかんで、さらに検証します。

ちなみにルーターの再起動などもすでに行いました。

有線Lan用のUSBアダプタを購入してみました。これだと安定してsshにつながっています。

無線Lanでも、iPhoneからpingが通る場合には接続可能です。

結論としまして、ルーター(NEC PA-WG1200HP)の無線Lanの不安定が原因

または、無線Lanアダプタ側(baffaro 2.5w)で不安定である為とみています。

RaspberryPiZeroは、販売価格は600円台ですが送料が700円。

また、Lanアダプタが無線では1000円ほど

有線では1300円ほどと、、、

RaspberryPi3が、4500円と送料700円とすると

その性能差を加味すると、、、

RaspberryPiZeroって、かえって割高な感じがしてしまいます。

最初からRaspberryPi3にしておいたらと(笑)

ただ、単一のサービスや電子工作用なら設定のみNIC取り付けて完了させて運用としてなら単価は安いので有用ですかね。

 

 

WP Social Bookmarking Light不具合

こんにちは。

 

SNS、ブックマーク追加用のプラグインが表示されないのは解決出来ませんでした(笑)

WP Social Bookmarking Light、問題の切り分けで、他のプラグインを止めたり、アンインストールして再度インストールしてみたり、コンフィグ見直したり、、、しているうちにキャシュ系のプラグインまでおかしくなりまして、、。諦めて、違うプラグインを導入しました。何だかこちらの方がいい感じで満足しています。

 

と、しているうちに新たな問題発生してます。raspberryPizeroにsshで接続できない。

vncも上手く動いてくれないし(笑)